北門笙 ポエムの小径

Small Diameter Of Poem / Syo Kitakado

詩人 北門笙(きたかど しょう)がお送りする「ポエムの小径」
人生の中で起こる1ページを言葉というメロディに乗せ、温かな慈しみをもって歌いあげます。
日曜日の夜は「ポエムの小径」でゆっくりお散歩を。
明日からの1週間、優しい気持ちですごせますように。

北門笙 ポエムの小径

Small Diameter Of Poem / Syo Kitakado

詩人 北門笙(きたかど しょう)がお送りする「ポエムの小径」
人生の中で起こる1ページを言葉というメロディに乗せ、温かな慈しみをもって歌いあげます。
日曜日の夜は「ポエムの小径」でゆっくりお散歩を。
明日からの1週間、優しい気持ちですごせますように。

ポエムの小径のご紹介

ポエムの小径のご紹介

動画再生

其の1、ひふみよ

良寛さまが詠んだ和歌がある。

子供を授からないという理由で、
嫁ぎ先から追い出された貞心尼(ていしんに)は、街中で良寛さまを見た。
そして、仏の道の教えを請いたいと、
手紙を送った。

動画再生

其の2、砂時計

白い砂が底に溜まると、
逆さまにして、またひっくり返す。

どちらが上でどちらが下か、
当てどない繰り返しには、
最初から時間を測る意志など
込められてはいない。

動画再生

其の3、水平線

晴れた日に海を眺めていると、空との境界線が円弧を描いているのが良くわかる。

いつも不思議なのは、
水平線が私と同じ目線と同じくらいの高さに
横たわっていることだ。

 

動画再生

其の1、ひふみよ

良寛さまが詠んだ和歌がある。

子供を授からないという理由で、
嫁ぎ先から追い出された
貞心尼(ていしんに)は、
街中で良寛さまを見た。
そして、仏の道の教えを請いたいと、
手紙を送った。

動画再生

其の2、砂時計

白い砂が底に溜まると、
逆さまにして、またひっくり返す。

どちらが上でどちらが下か、
当てどない繰り返しには、
最初から時間を測る意志など
込められてはいない。

動画再生

其の3、水平線

晴れた日に海を眺めていると、空との境界線が円弧を描いているのが良くわかる。

いつも不思議なのは、
水平線が私と同じ目線と同じくらいの高さに横たわっていることだ。

動画再生

其の4、あんふぃに

中学生の時、鬼岩公園という
不気味な名前の小峡谷で遭難した。

川沿いの岩穴をくぐっているうちに、
一緒にいた級友たちから独り離れてしまったのだ。

動画再生

其の5、蒼い月

湾を望む病院の一室から、
大きな青い月が海原を渡って行くのが
見える。

月の光は波と橋を照らし、船を揺らし、
さらに遠く半島の先に灯
る温泉街をも
煙らしている。

動画再生

其の6、月の岬

千年前の平安時代に書かれた
更級日記の一節に竹芝伝説がある。

武蔵ノ国から京都御所へ派遣された
衛士(えじ)の男に、あろう
ことか
帝(みかど)の娘が心を寄せた。

動画再生

其の4、あんふぃに

中学生の時、鬼岩公園という
不気味な名前の小峡谷で遭難した。

川沿いの岩穴をくぐっているうちに、
一緒にいた級友たちから独り離れてしまったのだ。

動画再生

其の5、蒼い月

湾を望む病院の一室から、
大きな青い月が海原を渡って行くのが
見える。

月の光は波と橋を照らし、船を揺らし、
さらに遠く半島の先に灯
る温泉街をも
煙らしている。

動画再生

其の6、月の岬

千年前の平安時代に書かれた
更級日記の一節に竹芝伝説がある。

武蔵ノ国から京都御所へ派遣された
衛士(えじ)の男に、あろう
ことか
帝(みかど)の娘が心を寄せた。

動画再生

其の7、秋のゆりかご

昼間に見る金色ではなく、
銀色の波頭がうねりなが
ら風に靡いている。

波の砕け散る音も、風の戦慄きも聞こえず、
スロー
モーションを見るように
時間が止められた……まさ
に異次元空間。

動画再生

其の8、天窓

ひょっとすると、この窓は空につながる入口で、誰にも見えない透明なエレベーターが、
クリスタルの柱のように
まっす
ぐ立ち昇っているのでは……。

空想は止まるところがなかった。

動画再生

其の9、いのちの樹

最初の子供ができた時、
妻の母に言われた言葉を胸に刻ん
でいる。

「赤ちゃんができたのは神様からの授かりもの、でも産まれた後は天からの預かりものよ」

生まれて来たこと自体が素晴らしいと、
感謝の気持ちで、
毎日を生きたい。

動画再生

其の7、秋のゆりかご

昼間に見る金色ではなく、
銀色の波頭がうねりなが
ら風に靡いている。

波の砕け散る音も、風の戦慄きも聞こえず、
スロー
モーションを見るように
時間が止められた……まさ
に異次元空間。

動画再生

其の8、天窓

ひょっとすると、
この窓は空につながる入口で、
誰にも見え
ない透明なエレベーターが、
クリスタルの柱のように
まっす
ぐ立ち昇っているのでは……。

空想は止まるところがなかった。

動画再生

其の9、いのちの樹

最初の子供ができた時、
妻の母に言われた言葉を胸に刻ん
でいる。

「赤ちゃんができたのは神様からの授かりもの、でも産まれた後は天からの預かりものよ」

生まれて来たこと自体が素晴らしいと、
感謝の気持ちで、
毎日を生きたい。

動画再生

其の10、雨がお化粧したくて

都会の喧騒を抜け出すように、
偶に出掛ける森がある。
そこは、白樺だけが群生している。

葉は春夏、青々と茂り、秋は薄黄色に染まり、
冬は落葉するが、幹は一年中まっ白なままだ。

森の中に一歩足を踏み入れると、
いつしか気持ちが落ち着いて来る。

動画再生

其の11、ふるいギター

映画『禁じられた遊び』
――第二次大戦の最中、親を失った少女が、
死んだ仔犬を
抱いてパリ郊外を彷徨う。

出会った少年の家に養われ、
二人で始めた「お墓遊び」。

親の死を弔う身代わりに、
犬や昆虫や小動物の死骸を
集めて、
お墓作りに夢中になる。

動画再生

其の12、ちいさな灯

深夜、漸く一日の仕事を終えて
オフィスのドアを閉
めようとした時、
小さな緑色の灯りに気付いた。

コピー機を消し忘れていた。

室内を見渡すと、
壁掛け時計の針も蛍光色を放って
いる。
微かに秒を刻む音さえ聞こえてくる。

動画再生

其の10、雨がお化粧したくて

都会の喧騒を抜け出すように、
偶に出掛ける森がある。
そこは、白樺だけが群生している。

葉は春夏、青々と茂り、
秋は薄黄色に染まり、冬は落葉するが、
幹は一年中まっ白なままだ。

森の中に一歩足を踏み入れると、
いつしか気持ちが落ち着いて来る。

動画再生

其の11、ふるいギター

映画『禁じられた遊び』
――第二次大戦の最中、
親を失った少女が、死んだ仔犬を
抱いて
パリ郊外を彷徨う。

出会った少年の家に養われ、
二人で始めた「お墓遊び」。

親の死を弔う身代わりに、
犬や昆虫や小動物の死骸を
集めて、
お墓作りに夢中になる。

動画再生

其の12、ちいさな灯

深夜、漸く一日の仕事を終えて
オフィスのドアを閉
めようとした時、
小さな緑色の灯りに気付いた。

コピー機を消し忘れていた。

室内を見渡すと、
壁掛け時計の針も蛍光色を放って
いる。
微かに秒を刻む音さえ聞こえてくる。

動画再生

其の13、明日へのセレナーデ

あの本に出会ったのは、旅先でのことだった。

東日本大震災の翌年の四月、岩手県のとある街は、春とはいえ、まだ肌寒い曇り空の下にあった。

偶然入った喫茶店には来店客用に本や雑誌が置かれていて、ふと手にしたのが渡辺和子氏の「置かれた場所で咲きなさい」だった。

動画再生

其の14、コウノトリの空

江戸時代に何処でも見られた鸛は、明治期以降、乱獲、農薬散布、河川改修などの環境悪化で急減した。

一大生息地の兵庫・豊岡市では、昭和の大戦後、市民と行政、生産者が一体となり、文化財保護法の下で人工飼育による繁殖活動を推進してきた。

この間、野生種こそ絶滅したものの、平成元年、遂に二十五年ぶりのヒナ誕生に至る。

動画再生

其の15、夢

「夢」という言葉にはもう一つ、「実現したい願望」の意味もある。

明治時代に「ドリーム」という英語が入ってきて、新しい意味が加わったのだ。

この夢を実現しようと頑張ると、やはり睡眠時間がかなり削られることになる。

動画再生

其の13、明日へのセレナーデ

あの本に出会ったのは、旅先でのことだった。

東日本大震災の翌年の四月、岩手県のとある街は、春とはいえ、まだ肌寒い曇り空の下にあった。

偶然入った喫茶店には来店客用に本や雑誌が置かれていて、ふと手にしたのが渡辺和子氏の「置かれた場所で咲きなさい」だった。

動画再生

其の14、コウノトリの空

江戸時代に何処でも見られた鸛は、明治期以降、乱獲、農薬散布、河川改修などの環境悪化で急減した。

一大生息地の兵庫・豊岡市では、昭和の大戦後、市民と行政、生産者が一体となり、文化財保護法の下で人工飼育による繁殖活動を推進してきた。

この間、野生種こそ絶滅したものの、平成元年、遂に二十五年ぶりのヒナ誕生に至る。

動画再生

其の15、夢

「夢」という言葉にはもう一つ、「実現したい願望」の意味もある。

明治時代に「ドリーム」という英語が入ってきて、新しい意味が加わったのだ。

この夢を実現しようと頑張ると、やはり睡眠時間がかなり削られることになる。

動画再生

其の16、祈り

急に雨が降り出した。
傘を持って来ている人は少なく、
皆小走りに帰って行く。

誰もいなくなった教会で、祈り方は分らないが、
祭壇に向かい目をつぶってみた。

灯火に照らされたマリア様の横顔が、
私に何かを語り掛けている気がした。

動画再生

其の17、雪割橋

雪割橋————なんと幻想的なネーミングだろう。

冬場、辺り一面雪景色に包まれる中、見えない谷底の川が地表の銀世界を真っ二つに分ける。
渓谷には、一筋の黒い生き物が息を潜めている。

この橋を渡るとき不思議な感覚に捉われる。
歩いて一分くらいの距離しかないのに、
異なる空間へと導かれていく……。

動画再生

其の18、ひとやすみ

山登りの道半ばで急に悪天候に見舞われた時は、〈ひとやすみ〉してみるのが賢明だ。

そのうち風雨が収まるか、もしかしたら選んだ道
が違っていたことだってある。

一つの道を求めて一所懸命やっていると、知らないうちに視野が狭まり、周りの事がだんだん見えなくなっていく。

動画再生

其の16、祈り

急に雨が降り出した。
傘を持って来ている人は少なく、
皆小走りに帰って行く。

誰もいなくなった教会で、祈り方は分らないが、祭壇に向かい目をつぶってみた。

灯火に照らされたマリア様の横顔が、
私に何かを語り掛けている気がした。

動画再生

其の17、雪割橋

雪割橋————なんと幻想的なネーミングだろう。

冬場、辺り一面雪景色に包まれる中、見えない谷底の川が地表の銀世界を真っ二つに分ける。

渓谷には、一筋の黒い生き物が息を潜めている。

この橋を渡るとき不思議な感覚に捉われる。歩いて一分くらいの距離しかないのに、異なる空間へと導かれていく……。

動画再生

其の18、ひとやすみ

山登りの道半ばで急に悪天候に見舞われた時は、〈ひとやすみ〉してみるのが賢明だ。

そのうち風雨が収まるか、もしかしたら選んだ道が違っていたことだってある。

一つの道を求めて一所懸命やっていると、知らないうちに視野が狭まり、周りの事がだんだん見えなくなっていく。

動画再生

其の19、誕生日

参加者の一人が呟いた。
「 残念!折角、東京から来たのに、今晩は
お月さん、出てないなあ 」

それを聞いて、お寺の住職が説いた。
「 お月さんは、いつも夜空を照らしている。
ただ、今は空に雲が架かっているだけです」

動画再生

其の20、しあわせ

今は社会が豊かになり、
そんなに求めなくても幸せを実感しやすい。

だが、幸せがあまりに溢れているために、有り難さが薄れ、感じ取る力は弱まっている。

自分自身の足で、見失われた幸せに会いに行こう。

動画再生

其の21、生きる

黒澤明監督の映画『生きる』
――母に連れられて映画館で観てから既に半世紀以上経った。

ストーリーとしては、癌で余命僅かと知らされた地方公務員が、絶望の淵で最後の力を振り絞る。

無欠勤だが無気力だった仕事振りが一変、
自ら奔走して立派な児童公園を作り上げていく。

動画再生

其の19、誕生日

参加者の一人が呟いた。
「 残念!折角、東京から来たのに、今晩は
お月さん、出てないなあ 」

それを聞いて、お寺の住職が説いた。
「 お月さんは、いつも夜空を照らしている。ただ、今は空に雲が架かっているだけです」

動画再生

其の20、しあわせ

今は社会が豊かになり、そんなに求めなくても幸せを実感しやすい。

だが、幸せがあまりに溢れているために、有り難さが薄れ、感じ取る力は弱まっている。

自分自身の足で、見失われた幸せに会いに行こう。

動画再生

其の21、生きる

黒澤明監督の映画『生きる』
――母に連れられて映画館で観てから既に半世紀以上経った。

ストーリーとしては、癌で余命僅かと知らされた地方公務員が、絶望の淵で最後の力を振り絞る。

無欠勤だが無気力だった仕事振りが一変、
自ら奔走して立派な児童公園を作り上げていく。

動画再生

其の22、三日月ランプともし

そのページは、三日月が空に架かる、蒼(あお)くて薄暗い森だった。

枝の上には梟(ふくろう)が見張っている。木々の茂みの中を、一本の小径が見え隠れしていた。

奥の方にひときわ大きな木があり、根本が大きくえぐられた洞穴(ほらあな)のようになっている。

動画再生

其の23、ひとりでいたい

毎日ひとりで家にいることが多くなった。

家庭も学校も社会も、今すべてが、しゃがみ込んでいる。孤独と疎外感は、もはや若者だけの特権ではなくなったようだ。

八十年前に太宰治が書いた小説「女生徒」。
その中で、主人公の女学生が語っている。

動画再生

其の24、サボテンの唄

年中、青々丸々としているサボテン。

窓辺で太陽の光を浴びて、ポツンと鉢に納まる姿が愛くるしい。
水をそんなに与えなくても、ただじっと佇み、良いことも悪いことも、まるで全てを受け入れているかのような、大らかな幸せの形。

眺めていて心休まるのは、そのせいか

動画再生

其の22、三日月ランプともし

そのページは、三日月が空に架かる、蒼(あお)くて薄暗い森だった。

枝の上には梟(ふくろう)が見張っている。木々の茂みの中を、一本の小径が見え隠れしていた。

奥の方にひときわ大きな木があり、根本が大きくえぐられた洞穴(ほらあな)のようになっている。

動画再生

其の23、ひとりでいたい

毎日ひとりで家にいることが多くなった。

家庭も学校も社会も、今すべてが、しゃがみ込んでいる。孤独と疎外感は、もはや若者だけの特権ではなくなったようだ。

八十年前に太宰治が書いた小説「女生徒」。
その中で、主人公の女学生が語っている。

動画再生

其の24、サボテンの唄

年中、青々丸々としているサボテン。

窓辺で太陽の光を浴びて、ポツンと鉢に納まる姿が愛くるしい。
水をそんなに与えなくても、ただじっと佇み、良いことも悪いことも、まるで全てを受け入れているかのような、大らかな幸せの形。

眺めていて心休まるのは、そのせいか

動画再生

其の25、ひだまり

パリの四月の昼下がり――

ルーヴル美術館を出て、
セーヌ川にかかるアール橋(ばし)を渡った。
シテ島(とう)を左手に見ながら、
街路樹の並ぶ川沿いを散策。

待ち焦がれていたように、みんな春の訪れを楽しんでいる。プラタナスも、葉が黄緑色に芽吹いているが、鈴の形をした花、というか丸い実はまだのようだ。

動画再生

其の26、扉をあけよう

生き物の体には、地球の自転による
一日二十四時間の〈体内時計〉が備わっている。

それにシンクロできなくなると、
目覚まし無しで起きられず、昼眠く、夜更かしへとズレていく。

逆に早起き症もあるが、
どちらも朝の光が体を二十四時間サイクルへと
リズミカルに正してくれる。

動画再生

其の27、根雪

福島の春を告げる〈雪うさぎ〉

桃の花がほころぶ四月半ば、
吾妻小富士の積雪が解け始めると、
山裾に残った雪が兎の形に浮かび上がる。

生命の喜びに跳ねる大地のシンボルは、
作物の種を播く合図だ。

動画再生

其の25、ひだまり

パリの四月の昼下がり――

ルーヴル美術館を出て、
セーヌ川にかかるアール橋(ばし)を渡った。
シテ島(とう)を左手に見ながら、
街路樹の並ぶ川沿いを散策。

待ち焦がれていたように、みんな春の訪れを楽しんでいる。プラタナスも、葉が黄緑色に芽吹いているが、鈴の形をした花、というか丸い実はまだのようだ。

動画再生

其の26、扉をあけよう

生き物の体には、地球の自転による
一日二十四時間の〈体内時計〉が備わっている。

それにシンクロできなくなると、
目覚まし無しで起きられず、昼眠く、夜更かしへとズレていく。

逆に早起き症もあるが、
どちらも朝の光が体を二十四時間サイクルへと
リズミカルに正してくれる。

動画再生

其の27、根雪

福島の春を告げる〈雪うさぎ〉

桃の花がほころぶ四月半ば、
吾妻小富士の積雪が解け始めると、
山裾に残った雪が兎の形に浮かび上がる。

生命の喜びに跳ねる大地のシンボルは、
作物の種を播く合図だ。

動画再生

其の28、いま、嵐のなかで

ピンで止められた昆虫のように、
私の腕は点滴機につながれていた。

嵐の轟音に紛れて、
誰かが篠笛を吹く音が聞こえて来る
————空耳?

私を病室の外へ誘っているようにも聴こえるが、身動きが取れず、じっとベッドに横たわっているほかない。

動画再生

其の29、真珠のように

「結局、本当に楽しくて快い日というのは、素晴らしいとか感動したとか興奮したとか、そういった何かが起きる日とは違うわ。

例えば、ネックレスの糸ひもを滑り動く真珠のように、それが普通の小さな喜びだとしても、穏やかに次から次へと運ばれて来る、そんな日だと思う」

動画再生

其の28、いま、嵐のなかで

ピンで止められた昆虫のように、
私の腕は点滴機につながれていた。

嵐の轟音に紛れて、
誰かが篠笛を吹く音が聞こえて来る
————空耳?

私を病室の外へ誘っているようにも聴こえるが、身動きが取れず、じっとベッドに横たわっているほかない。

動画再生

其の29、真珠のように

「結局、本当に楽しくて快い日というのは、素晴らしいとか感動したとか興奮したとか、そういった何かが起きる日とは違うわ。

例えば、ネックレスの糸ひもを滑り動く真珠のように、それが普通の小さな喜びだとしても、穏やかに次から次へと運ばれて来る、そんな日だと思う」

北門 笙 プロフィール

1953年名古屋市生まれ。  
幼少時から作文や詩作に親しみ、学生時代は萩原朔太郎、西脇順三郎ら現代詩人に影響を受ける。  
金融界に身を置く中、 不惑の年を迎えた時に歌の世界に出合い、詩作を再開。  
現在は、オペラの普及活動をライフワークにしながら、心癒される大人のための子守唄を求めて詩の創作を続けている。  
著書に、詩集『ひふみよ』(ポプラ社)、絵本『松の子 ピノ』(小学館)、詩集『失うことの意味』『ふたつなき道』(小学館 スクウェア)がある。

北門 笙 プロフィール

1953年名古屋市生まれ。  
幼少時から作文や詩作に親しみ、学生時代は萩原朔太郎、西脇順三郎ら現代詩人に影響を受ける。  
金融界に身を置く中、 不惑の年を迎えた時に歌の世界に出合い、詩作を再開。  
現在は、オペラの普及活動をライフワークにしながら、心癒される大人のための子守唄を求めて詩の創作を続けている。  
著書に、詩集『ひふみよ』(ポプラ社)、絵本『松の子 ピノ』(小学館)、詩集『失うことの意味』『ふたつなき道』(小学館 スクウェア)がある。